広島の住宅購入相談はサンクティ

性善説の限界!理想のマイホームを購入するには時間と学びが必要です。

リンク張らしていただいた日経ビジネスさんの画像をお借りしました。

かんぽ保険料二重徴収「年内にご報告」のお粗末
日本郵政傘下のかんぽ生命保険で契約者の不利益につながる保険契約の乗り換えが見つかった問題を巡り、保険販売元の日本郵便とかんぽ生命は7月10日に会見を開き、謝罪した。今回明らかになったのは、顧客に保険の新旧契約を重複して結ばせ、保険料を半年にわたり二重に払わせたという事案。

謝罪のシーンばかり見ているような気がします。

ほんとにお粗末ですよね。

だけど何故こんなことが起こるのかを考えると、性善説で成り立ってる日本だかららだと思うんです。トップが20秒くらい頭を深々と下げて会見。その後も少しの間、叩かれるけど喉元過ぎればなんとやらでしょ。

損害賠償すればいいって話じゃないわけですよ。どこぞのアパート会社なんて次から次へ出てくるでしょ。それでも一般紙はもう喉元過ぎた感じで報じてないですもんね。

利益を上げるために何でもありでいいはずないんだけどね。

営業マンは売るのが仕事。なので売るために何をするかを考え行動する。そのハードルが高ければお客様の利益ばかりを考えてちゃ成績にならない。なので数字をごまかしたり、自分の利益を優先した営業の事実がこんな不祥事の連続。

しっかりと企業が管理すればいいけど、中間管理職もその上もみてみないふりをする。残念な企業が多いよね。

性善説の限界でしょ。日本も性悪説に乗っかって契約で縛るべき社会なんだよね。ま、だとしても、社会構造が追い付いてないから当分無理なんだろうけど。。。

出来ることは自らが防衛すること。大手だから安心とか、良くしてくれるから安心、なんてことはありません。あるのは根拠に基づいた製品であり価値であり価格でありですよ。

名前やビジュアルで騙されないようにしなきゃデス。

特にマイホームね。

☑新築売ってる人は新築が良いっていうし。

☑注文住宅売ってる人は建売ボロクソいうし。

☑不動産屋さんは両手数料が狙える物件をすすめるし。

逆に売り手から考えれば

☑面倒な客より簡単な客

☑面倒な物件より簡単な物件

大切なマイホームに求めるサービスの真逆なんだな。。。

 

性善説の限界!理想のマイホームを購入するには時間と学びが必要です。ご一考ください!


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。