広島の住宅購入相談はサンクティ

なぜ不動産営業・住宅営業は強引で威圧的で悪質なのが多いのか。

僕の仕事は不動産FPコンサルタントです。住宅購入を検討している方のサポートです。

ハウスメーカーの営業から始まり広島支店の立ち上げ広島支店長として支店の運営をしてきました。支店運営での具体的な仕事は、営業支援のためマーケティングや広告活動、現場や設計の管理監修、モデルハウスの設計企画監修、クレーム対応などなど、それはそれは様々な仕事を経験させていただきました。ありがたいことです。この経験が現在の仕事につながっています。

不動産コンサルとして、僕以上に経験を積んだ人間なんてそうはいまい!と、自負しているところです。わーい (嬉しい顔)

話がそれました。住宅は生涯で最も大きな買い物です。主導権がお客様側にあることが正しいはずです。(僕は絶対にそうだと信じていますが…)多様な価値観や暮らし方があるなか、様々な思考を整理する上で、お客様が求める情報を整理し提案するため、また、お客様の不安にこたえるためには、それ相応のスキルや経験が求められます。決して、強引で威圧的な営業スタイルなんてありえません。。。

残念ですが、今もなお、多くのお客様からの相談内容の一つが、この強引で威圧的な営業スタイルに対する不安や不満を通じてのご相談です。

同じものが二つとない不動産の場合、そんな営業なんて相手にしなきゃいい!なんてことがいえないこともあるわけです。(今もなお物件の囲い込みなどなど)逆切れされて聞くに聞けないことをご相談いただくわけですが、そのレベルはプロであるなら初歩的なことです。そんな初歩的なことも解決できてない状態で、お客様に契約を迫っているのだから、強引で威圧的といってもいいすぎではないでしょう。

なぜ、強引で威圧的になるのでしょう。なぜ、契約を急がすのでしょう。

会社事情とか色々な見方はありますが、僕の結論は、主導権をお客様に握られると面倒だからだと考えます。

なぜ、面倒なのでしょう?

長く引っ張りました。これが一番言いたいことです。それは、無知だからです。質問に答えられない。調査不足をはじめとした準備がされてないからです。

それは何故でしょう?

家のことを理解してないからです。

例え、注文住宅の営業でも、プランニング出来ない、建築法規を理解していないものでいっぱいです。ましてや不動産営業では権利関係や物件の調査はできても家の調査なんてできないでしょ。

住宅を検討しているにあたり理想的なパートナーとは「家」の事を理解しているもの。この絶対条件は、はずせないと思いませんか。

「資産性×駅近」が重要だ。暮らしや居心地なんてどどうでもいい!そんな方でなら「家」など理解してなくても問題ありません。そうでなければ、あなたの不安や質問したいことは、家や暮らしに直結することでしょ。「家」への理解がなくてより良いパートナーになれるとは思えません。良いパートナを見つけてください!

 

便利な世の中になりました。ブログで色々な情報を発信できます。誰がどのような思考で仕事に向き合っているかを知ることができます。僕も、正々堂々と仕事するために僕の持論をブログにまとめいます。共感いただければ、納得できれば、僕にご相談ください。ここにまとめた思考のまま、正々堂々と住宅購入をサポートさせていただきます。同様に、誰もがブログで表現しています。共感できる考えのものを探しましょう。その方が住宅購入はスムーズであり健全です。

ホームページはこちらです。

 

 

 

 


家選びで失敗する人・
成功する人の違い
無料メール講座公開中!

このメール講座で得られる内容は、 ネットでみんなが検索できる情報や住宅情報誌から得られる情報とは全く違います。
業界の内情を知り尽くし、 実際に家づくりの現場で実績を重ねてた経験があるからこそ発信できる内容になっています。

家づくりを考えているあなたにとって必ず役に立つ内容になっていますので、 お申し込みお待ちしております!

※迷惑メールが送られてきたり営業活動に利用されることはありませんのでご安心下さい。

コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。