広島の住宅購入相談はサンクティ

定年後も支払う!?住宅ローンの35年返済を疑う!

厚生労働省の統計データーによると、平成27 年の平均初婚年齢は、夫31.1 歳、妻29.4 歳。結婚して、すぐに家を購入して35年の住宅ローンの返済を始めたとすると65歳の定年時には住宅ローンの残債があるということだ。

結婚してすぐに家を買うという方は少数派であることを考えると35年返済という住宅ローンは基本的に繰上げ返済が前提。もしくは、定年後も何らかの手段をもって返済を継続するということでしかない。

35年後のことを心配する必要もどうかという気もするが、豊かな老後のためには現実的にお金が重要だ、逆の見方をすればお金の無い老後ほど惨めなことはない。

できれば住宅ローンは定年退職時に返済が理想だと考える。もしくは、それを補う預貯金や年金の確保だ。そのためには、借りれる額より返せる額、それも豊かに暮らすための範囲でということ。

夢とお金のバランスが重要ということだと思う。それは想いという抽象的なことを現実的に積み上げることで解決できることではないか。

広くてお洒落な建物が暮らしやすい建物ということではない。駅に近ければ建物を犠牲しても良いなんてことはない。ロケーションにも拘り、建物にもこだわれば当然に莫大な費用がかかる。結局、マイホームはバランスが大切ということなんだ!

このバランスをライフプランで可視化する。お金の面からそぎ落とし盛り付ける。リスクと向き合い精査し自分にベストなマイホームを探す!

ご一考いただけると幸甚です。

 

住宅購入時のお金の相談はこちら

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。