広島の住宅購入相談はサンクティ

最近は大工指定なんてないのかな~と感じたニュース。突然ビル倒れるんだ。

ど~も、元ハウスメーカー支店長の田中です。

突然ビルなんて倒れませんよね~。

なので今朝テレビから流れてたニュースはいつものフェイクニュースかと思ってしまいました。

中国、新型コロナ隔離ホテル倒壊 濃厚接触…(写真=新華社・共同)
【香港、北京=共同】中国福建省泉州市で7日夜、6階建てのホテルが突然、大きな音とともに倒壊した。現場は廃虚のようになっており、約70人ががれきの下に取り残された。新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者

日本も高度成長期の建築物の中には空き缶やらのゴミが混入していたりしますが、レベルが違うというか。。。国民性の違いなんてことでかたずけられません。原因が何であれこんなことがおきちゃう国の製品は僕は不安です。

その不安の理由は、僕が建築業に関わっているからかもしれません。

安く作るにはそれなりの理由が存在します。利益度外視であれば経営は成り立ちません。アフターフォローに回すお金なんてありません。それなのに広告宣伝はすんごい量だし、見た目はそこそこの設備だし。(※お客様が見る見た目はです。)

こんな企業であるなら。泣いているのは社員か職人を含めた下請け業者さんと見るのが普通です。(そじゃなければいずれ倒産)

工場で機械が作ってくれる商品であれば「そんなの知ったこちゃないかもしれません」だけど、家は手作業です。関わる人たちの多くは職人さんです。

安い賃金で仕事を請ければ職人の収入は減ります。収入を確保するには早く仕上げなきゃなりません。出来栄えによる質なんて賃金に影響しないからなおさらです。

仕事の質に賃金が「合う」「合わん」というのはどの世界でも共通です。合わないでも仕事をとるところというのは困っているとこです。困っているところとは職人でいえば仕事がない人。なぜ仕事が来ないかといえば手が悪い。行儀が悪い。水は高い方からしか流れません。仕事も同じです。

安い理由は言葉でどうにでも物語が作れます。その物語が正しいかどうかは営業の言葉からはわかりません。

自分の目で作っている現場を確認しましょう。素人のお客様が見ても、現場が汚い。いろいろな職人んがいっぱいいて整理できてない。隙間だらけ。作業が適当。なんてのは感じるものです。可能なら普通にちゃんとしている現場と比較すれば一目瞭然です。

安い家といっても数千万円の買物。日常でビルが倒れるなんてことは日本では起こりえないでしょう。しかし、職人の良し悪しで家はまるで違った空間が出来上がるものですよ。

最近は大工指定なんてないのかな~と感じたニュースの感想でした。


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。