広島の住宅購入相談はサンクティ

自分で間取り図を描く前に知っておいて欲しいこと。

僕の実家は母が間取り図を描いたようです。自画自賛していますが決して褒められた間取りではありません。自己満足の極みです。(笑)

自分で建てる家を自分が好きに設計する醍醐味はあります。しかし、わが実家の間取りを評価すれば、田舎でお隣との距離や視線なんて気にする必要がないからストレスを感じないだけです。僕ならこうした満載なのが僕の実家の間取りです。

自分で間取りを書くにあたっての注意事項

自分で間取りを書きたいという方は多いものです。そこで最低限注意すべきことをここに列記します。

気に入った間取りも敷地条件が変われば役に立たない。

モデルハウスを気に入り、モデルハウスと同じものを建てたいといってくれる方は年に数人いらしゃいます。だけど、僕の経験上同じ間取りで建てていただいた方はいません。(似た間取り程度)敷地条件が変われば敷地に入る入らないということではなく、すべき、すべきじゃない、的な話です。

特に広島市のように地価が高い場所であれば、隣地の状況により間取りに変化をつけなきゃベストな間取りにはなりません。

ネットなどの間取り集を参考にする失敗

建築士でなければゼロの状態から間取りを書ける方はそう多くはありません。みんなどうしてるんだろうとアプリをダウンロードしてみたけど、使い方をマスターする初期段階で諦めました。(僕は自分で書けるから簡単にあきらめるのかもしれませんけど。)

あれだけ無料の間取り集があるわけです。ネットなどの間取り集を参考にされている方が多いのは間違いないのでしょう。ネットでみた間取りを参考に自分らしさの修正を加える。こんな流れのはず。僕からすれば簡単に間取りを変更できる間取りの段階でアウト。よくできた間取りというのは変更すればどっかが犠牲になるものです。

話がそれました。間取り集も馬鹿にならないほど多くあります。間取りを参考にする失敗の多くは、その間取り集から発想が外に出ない。つまり、その間取り集の中から自分の間取りへの構想が始まることです。

いいとこどりはまとまりの悪い間取りになる

多くのモデルハウスを見学して、多くも間取り集をみて、いいところをチェックして、自分が建てたい間取りを書こうとすれば下記するような状況に陥ります。

書斎もいいナ。家事室いいナ。リビング階段いいナ。キッチンから水回りの動線外せないナ。などなど。。。無理やり詰め込めば、無駄な動線。使い勝手の悪いスペース。無駄に広くて使い物にならないお部屋。などなど。。。。

うちの実家のように無用なお部屋が出来上がります。無用なお部屋や無駄な空間にお金を支払うほど無駄はありませんよね。

自分で間取りを書くにあたり注意すべことへの対策は、まずは『ほどよい探し』からスタートすることです。

間取り図を書く前に確認すべきこと。

注意すべきことで言いたかったのは最初から『間取りを書いてやる!』みたいに力まないことです。では、次に抑えるべきこと。確認しておくこと。をこちらにご紹介します。

敷地条件の確認

隣地の状況により間取りに変化をつけなきゃベストな間取りとはなりません。と、前述したように敷地条件はとても重要です。敷地の状況をよく確認してなければ、せっかくの間取りも使いにくいを通り越して、先に建っているお隣さんから、どうしてこんなところに大きな窓をもってくるのか?と、苦情の一つも言われるような間取りだったりします。

敷地の高低差や隣地との関係などなど、よくできた間取りは敷地の確認がパーフェクトにできています。ハウスメーカーや工務店の中には敷地調査が適当なところがあります。だからこそ、ご自身でも敷地の状況を確認する必要があるのです。

ライフスタイルや暮らし方について

基本的に注文住宅を売っている人は注文住宅が一番いいといいます。自分で間取りを書くというテーマで話を進めている以上、ご覧いただいている方も注文住宅が前提でしょう。

ただし、注文住宅にもいろいろです。ハウスメーカーとしての立場。工務店としての立場。同じハウスメーカーでもZEHや長期優良住宅を進める会社。そうでない会社。家づくりの思想が違えば価格帯も家づくりの考えも大きく違います。

ご自身が考えるにライフスタイルや暮らし方が間取りに表現されているか。一言でいえば、いい間取りは、すべてはここに集約されるはずでしょ。

あなたの好きは?

人に与えられたものは嫌だから注文住宅です。だからこそ自分で間取りを書きたいわけです。ライフスタイルや望む暮らしの根本は、『あなたの好き』が表現されれいるかです。

ライフスタイルや望む暮らし方がよくわからなければ、まずはあなたの好きを考えるところから始めてみるのがいいものです。

 

プロに任せてみよう

お客様がご自身で書いた間取りをもとに営業が何度も書き換える。その結果、いつまでたっても間取りが決まらないことはよくあります。そんな時、真っ白い状態から建築士が提案した間取りがドンピシャと決まることがあるんです。

人は、自分の好きを自分では整理できないのかもしれません。(僕はそうです)

建築士(プロ)と会話するための練習

前述したような、自分で間取りを書くための注意すべきことや確認すべきことと言うのはプロと会話するための練習です。意外と思われるかもしれませんが、間取りについて思考整理のできたお客様の考えはシンプルそのものです。

自分で整理できたから無理なものは無理。どうあっても先に進めなかった間取りが、優先順位として、できたらいいナという言葉として、まとまっているような気がします。

本音は自分が書くよりプロに提案してもらうべき。

注文住宅だから自分で自由にという気持ちも理解できるのですが、プロと素人の差はメチャでかいですよ。もし、自分で書こうとしたきっかけが、提案してもらった間取りが納得いかないものばかりだったという理由なら、それは、ただただ運が悪いのだけなのか。予算との乖離が大きく本気で提案してもらってないのか。と、推測します。

ただただ運が悪いというのは無きにしも非ずです。よくあるのは営業が窓口の場合です。間取りのヒアリングが家のことを理解してない営業からスタートなので、まるでお門違いなお話を伺ってくるなんてことは日常でした。

少しでも安くしたいというお気持ちは理解できます。でも、家を建てるにおいてお金はとても大切な軸です。理想の家を諦めるか、予算をあげるかの選択は重要です。

ハウスメーカーでは設計料が不要というのが常識のように言われていますが、原価のところではしっかりと設計料は入っていますよ。設計スタッフをかかえているわけですし建築確認申請等は実費必要です。ざっくり無料だというのは大きな間違えです。

無料だと思われているから、建築士でもない営業が窓口になることが許されます。建築士と話すのは契約後。注文住宅なのに不合理でしょ!

その結果、自分で間取りを書こうと思われているのならそれは悲しいお話です。強い思いがあるのなら是非、ここでの話を参考に、建築士と話をするようにしてください。ご自分で考えた間取りをより洗練した間取りとして、新しい可能性を広げてくれるはずです。

それでも建築士を表に出さないようなハウスメーカーや工務店なんて、この先、思う通りの家になるはずありません。バッサリ切って新しいパートナーを探しましょう。

 

広島市周辺で思ったような家づくりができない。無料の相談を受けたけどハウスメーカーを紹介されただけでなんの解決もできなかった。そんなお悩みをお持ちの皆様。私は元ハウスメーカーの支店長としての人脈とスキルを持ち合わせております。一度、ご相談に来られませんか?初回相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。ホームページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。