広島の住宅購入相談はサンクティ

見積書から選ぶ。ハウスメーカー・工務店の色々。

少し前に、【ヤマト、引っ越し受注停止の記事】「悪意で上乗せした見積もり」という新聞記事を見かけた。このブログはその記事について反応したものだ。意図は違うかもだけど。見積もりについて思うことをまとめてみる。

商品価格や見積もり金額について

10万円で仕入れたものを100万円で売るのが悪意なのか?違うはずだ!この思考で話を進めます。

ぼろ儲けは許さんっていうのはナンセンス。そもそも100万円の価値がなければ買わないでしょ。たとえ仕入れをおさえても、デザインや戦略、一流の職人による仕事には、仕入れ以外の費用やコストが膨らむもの。そこに価値として認められる商品だから売れる話でしかありません。(本来は、ここにオーバーとくが加わると良心的な見積もりも悪意の見積もりにに変身しますけど。。。)

むしろ10万円で仕入れたものを11万円で売ってる商品があっても、そこに11万円の価値がなければきっとその商品は売れない。

プロがプロとして商品化する。そこに価値を加え価格を提示する。シンプルな話です。

それに、ここでのテーマ見積もりは、オーダーメイドや請負のような商品の価格は、まず見積もりとして提示されます。そこから条件提示等の交渉があって金額が決定する。そしてここまで来て初めて発注。これが通常の商取引でしょ。

注文住宅の見積もりについて

注文住宅でいえば、僕的には大手ハウスメーカーの家なんてどうしてそんな金額になるんだってほど高いと思ってます。だけど、そこには保証だったり、信頼だったり、僕には理解し難いけど、お客様には選択する理由があるわけです。

ハウスメーカーの見積もりは高いからという理由で、悪意というなら僕は超クレーマーであり単に嘘つきに違いありません。

もう少し掘り下げます。見積もりの詳細をごらんいただければ一目瞭然。数量として計上されている数字なんて素人さんには意味不明です。僕だって、見積もりだけ見て、構造部材の数量が正しいかどうかなんて理解できません。なのでかな?大手さんの中には、本体工事一式なんていう見積もりが存在します。本音は、これ見積もりなの?って、揚げ足をとりたくなるような見積もりですけど。(笑)

そんな見積りでも、仕様書が正確で設計図書がきめ細かで、実際の現場の段取りや施工精度を確認すれば信用に値すると思えるなら、百歩譲って見積もりとして悪意とはいえないのではないか。。。ありかもと思うわけです。。。

また、変更した間取りから考えれば、どう考えても数量が減っているなかで、見積金額が減額されていれば、ま~、見せ方の問題は残りますが(営業のレベル不足で見積もりも説明できないのかもしれませんし。。。)見積もりとしての機能はあるのかなと考えられなくもない。。。(と思うようにしています。もちろん説明はしてもらわないと。そう考えると、一式見積もりじゃなく、しっかりとした項目と数量が記載されている見積もりこそが見積もりであるというのが本筋ですけよね。やはり。。。)

ようするに見積書とは、どんな家なのかを金額面から提示するプレゼンテーションだと思うわけです。決めていただくつもりがなければ高い見積もりが提示されることもあろうし、なんとしても仕事が欲しく決めてほしければ、高い見積もりからでも値引きやサービスが発生するというもの。(事実多くのハウスメーカーで見積もり金額のまま契約を締結するってのはまずないでしょうからね。)

そこに、説明された建物の品質と設備や間取りとの整合性があれば、悪意ではないと考えるべき。「高いとか」「安いとか」「数量が間違ってるとか」もっといえば「メチャ利益をとっていようが。」請負契約としての性質は約束されたものを引き渡すことです。僕が大手ハウスメーカーは高いと思っていてもお客様によってはその高い分安心できると考えれば、僕の思考なんて大きなお世話でしかありませんもの。

価値あるものが適正な価格と思えるか

注文住宅の見積もりとは、ある意味プレゼンテーションという名の数字のマジックです。そんなものに一喜一憂するよりも、大切なことは、お客様が本当に建てたい家を納得して建てるために、自分が望む家の価値について理解しているかといこと。いろいろな失敗の多くはその部分が学べてないわけですよ。

そこに見積もりよりも大切な価値というのかこだわりたい想いがある。その思いや価値というのは、自分自身が知っている。気づいてないだけのものを見つけてほしい。それは場合によってはお金以上に大切なことだったりする。

見積もりの話から脱線しましたね。見積もりに戻ります。見積もりに悪意があるというなら、そこに、嘘がごまかしがあるということ。お客様の想いに寄り添うよりも契約優先されれば、Aというキッチンが見積もられているのにもかかわらず取り付けられてるキッチンはBの低価格商品ような。約束された家とは別物で見積もられている。気づかずに完成してしまったみたいな。造られてしまうということ。

見積もりについてまとめ。

見積もりは一つの表現方法。見積もりもまともに提出できない企業が、しっかりとしたプランニングができるのか。打ち合わせができるのか。施工ができるのか。施工管理ができるのか。ということ。建築は甘くない。一つ一つの積み重ねが言葉の重み。見積もりの重みとして表現されるのです。

自分の価値に気づかせてくれるパートナーを探してくださいね(^^)/


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。