広島の住宅購入サポート 三笑塾 塾長

失敗しない注文住宅の選び方

世の中いろいろな見方、考え方があります。

僕的に、大雑把に「車」を定義すれば、タイヤがあってエンジンがあって燃料をいれて目的地まで運転すれば連れて行ってくれるモノ。2時間程度の道のりなら移動に一番便利。

ハコスカを30年近く所有している友人からすれば「車は俺の人生!」です。

住宅も同じです。僕の車に対する思考程度であれば「賃貸」でも「建売」でも「中古住宅」でも生活できればいい。ソコソコの安心が担保され便利で安けりゃいい。そうではないという方はこのまま読み進めてください。参考になると思います。

注文住宅について思うことです。

注文住宅を理想とする人が多い理由は、「ソコソコの安心が担保され便利で安けりゃいい」こんなのでは満足しないからに違いありません。夢に描いた暮らしを実現したいからに違いありません。

夢を実現するために「1mm単位で自由に設計できます!」こんな言葉が使われます。たとえ1mm単位で設計できても、夢が実現できる設計かどうかなんていうのは建築後引渡しを受け生活が始まり初めてわかるものです。

イメージが全然違う。なんて話しを先輩や友人からお聞きしてませんか?ネットにあふれる評判を見聞きするだけでもウンザリという方も多いのではないでしょうか。

イメージと違うという失敗の理由

営業を窓口として住宅を販売しているハウスメーカーや工務店は、いかに優れた企業であろうと展示場であろうと、窓口が営業であるいじょう、家は営業のスキル以上に完成することはありません。(最初から設計が同席すれば別ですが、それでも資金や税金面をプロデュースするのは営業です。家とは別のところで大きな影響をうけます。)営業こそが企業のプロデューサーなのです。

まともな建築家の場合、建築家がプロデュースした家がイメージと違うなんてことはありません。こだわりを持って少人数で家創りをしている工務店も同じです。限られた仕事しかできない状況において、多くの仕事はできません。必然的に自分の信じる家しか造れません。

消費者の皆さまが接する機会の多いハウスメーカーや工務店にお勤めの方にも優れた営業の方はいらしゃいます。残念ですが少数です。圧倒的に多くの営業のレベルは展示場を想定した家や発信されるイメージの家のレベルに達しません。特に1mm単位を望むお客様は営業マン選びを慎重にしましょう!

 

結論

家なんて住めればいいという人は別として、注文住宅を建築し、夢の暮らしを手にいれようとしている人は、担当するモノの表現、着ている服、趣味や相性なども気にすべきです。

同じ表現も発想のもとが違えば、イメージはボタンの掛け違いのように崩れていきます。

 

似たような家とは

全く違う家です。!

 

好きなイメージがあれば

徹底的に好きな家づくりをしている

企業や建築家、もしくは営業を探しましょう!

 

ちょっと安いから!

いい人だから!

 

この結末は失敗です!!

 

 

 

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。