広島の住宅購入相談はサンクティ

「起きて半畳、寝て1畳」快適な身の丈の暮らし!

 

「起きて半畳、寝て1畳」

どんなに大きな家に住もうが人一人が占める場所なんてこんなものという例えです。

いつの時代にいわれた言葉か知りませんが、僕の記憶ではバブル当時のように猛烈に働き遊んでいた時代は家は寝に帰るようなものでした。トイレもバスも必要最低限で良いとされたワンルームマンションがメチャ建設されました。起きて半畳、寝て1畳が通じる時代だったのかもしれません。

しかし、今は違います。普通の環境であれば、家は快適じゃなきゃという時代です。限られた予算の中でどう快適にしていくかです。決して立地×価格だけじゃありません。

僕的にいえば、最近のよくある「立地×価格」を優先した「家」は快適な住居としての機能を放棄しています。いいかえれば、放棄する代わりに立地×価格を優先しているのです。

先行き不透明な時代です。ゆがめられた資産性であり多大な借金をする恐さも手伝い確実に市民権を得ています。だから売れる。だから供給され続ける。今は!

今時バブル時代のワンルームマンションは見向きもされません。家賃なんて当時の半額以下でしょう。投資として的確だったからあれほど建築されたわけですよ。

そう考えると家はどうでしょう!?数十年先に答えが出るのでしょうね。数十年後に答えが出るのは資産性としての価値です。一方で原理原則、家族が住む家は快適じゃなきゃ!でしょ。。。帰りたい家じゃなきゃでしょ。友達を呼びたい家じゃなきゃでしょ。家族が居心地良く過ごせる家じゃなきゃでしょ。そうじゃなきゃ家なんて買う必要ありますかって話です。

快適かどうかは生活が始まって直ぐに答えがでますよ。数十年の住宅ローンを支払う目的がどうなるかわからない資産価値よりも、快適な暮らしへの対価として支払うほうが健全というもの。

もちろん無理しすぎて身の丈以上の買物をするのはどうかと思います。そんな失敗をしないためには、先ずは快適な暮らしの身の丈をしっかりと考えて欲しい。

そのための第一歩はライフプランですよ!

 

 

広島周辺でマイホームをご検討の皆様。また、お悩みを抱え他社の住宅相談カウンターへ行ったが解決できないという方。弊社は単に工務店やハウスメーカーを紹介するという企業ではありません。私は、ハウスメーカーの支店長として多くの経験を重ねてきました。その経験とスキルをもとに、お客様の立場でマイホーム購入を真剣にサポートします。そのために必要なコンサルティングを提供いたします。

お気軽にお問い合わせください。ホームページはこちらです。


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。