広島の住宅購入サポート 三笑塾 塾長

損をしないマイホームは中古住宅で決まり!

洋服のように普段着も部屋着も仕事着もパーティーで着る服もいろいろ着まわすことで、自分が一番好きで居心地のいい服を知ることもができる。流行にとらわれて買った後悔や自分には合わない服の色や形も知る。

家は購入経験がない買物。

賃貸住宅暮らしが普段着なのか寝間着なのか他所いきなのかを知るには賃貸住宅では経験不足だ。雑誌やモデルハウスは憧れるけれど、その暮らしが合うかどうかは想像するしかない。僕たちは購入前に一番居心地のいい家を知らないのだ。暮らしてみると、他所いきすぎて落ち着かないこともあれば、逆に寝間着のような家で人を招くことも出来ないと後悔する。

このように経験値が殆どない買物である住宅に失敗はつきものだ。なので、失敗した時のために?資産性の高い住宅を購入すればいい!という。暮らしの変化が必要であれば売ればいいという発想だろうか?間違いではないかもしれない。。。

新築戸建てに資産性を求めることができるか?

だが、現実はそう甘くない。資産性の高い家かどうかは別として、誰もが容易に着まわしできる洋服と同じように耐久財として長く住める家とは、素材も厳選されており、しっかりとした施工が前提だ。更にいえば、人に売却するためには、美しい状態が保たれていなければならない。補修や手入れや美しい暮らし方が備わっていて初めて可能といえる。

そんな住宅がどれだけあるだろう。高額な予算を使った注文住宅といっても、個性が強すぎ誰もが容易に着まわせる建物では無い事も多い。新築というだけの安普請の建物はどうだ?これこそ誰もが想像する古い汚い中古住宅だ。汚い古着のような家は誰も住みたくない。そんな建物は中古流通市場では解体して土地の価値しか見いだせないものとなる

現実は、資産性が高いとされる流通性の高い地域でも、新築戸建てに限れば、建物価値は多くは目減りしてしまうのだ。

中古住宅にはお宝がいっぱい。

ここまでの話は、新築戸建てを購入する場合を想定した話だ。ポジティブに考えれば、建物価値など殆ど重要としない中古流通市場においては、中古住宅は宝の山でいっぱいということでもある。4000万円かけた建物も新築後20年も経過していたらどれだけの価値があるだろう。どれだけ立地が良くても建物とあわせたマイホームを資産性とする家造りからすれば、建物にこだわればこだわるほど、資産性とは真逆の出口となる。

ここで冷静に考えてみよう。新築時4000万円の建物も、豪華な見せかけの設備機器ばかりにお金をかけた建物ならば設備機器は消耗品だ。設備機器の価値はない。だが、そんな設備機器に4000万円もかかるはずはない。多くは素材や施工や本来備わっているべき『家』そのもの。耐久財としての性能であり構造材に多くのお金がかかっている。耐久財である家が20年や30年で価値のないものになるはずはない。設備機器や表面の化粧をリメイクすれば新築時同様に素晴らしい建物として蘇る。いわゆるリノベーションだ!

新築にあこがれる人は多いが、憧れているのは最新の設備であり最新のトレンドを詰め込んだ間取りではないか?もしそうだというのなら中古住宅は断然お勧めだ。

中古住宅が得な理由

新築後雨風に耐えてきた中古住宅は、インスペクション等により構造的な安心さえ確認できれば、欠陥住宅では無いということの証明がされているようなものとも考えることが出来る。そう考えることができれば、設備機器や表面的な美観部分のリメイクは、みんなが思っているより断然お安くできる。

新築では諦めていた憧れのキッチンも、無垢のフローリングも、建物価値など殆どタダで購入できるのだ。思いっきり楽しもう!奮発しよう!

例えば、1000万円リノベーション費用が必要としても、ほぼ、無価値で買った建物だ。10年後に売却ということになっても資産性が保たれる立地であれば土地値で売れる。損失と考えたくはないが損失は最大でも1000万円だ。(そんなことにはならない、リノベーションされた家は見た目も確実に価値が上がる。そこに価値を見出す人はきっといる。)その間、楽しく豊かな暮らしが新築以上に出来るのだ。かけがえのない時間は「お金」という資産以上に価値あるものではないだろうか。

僕がこれいい!と思える中古住宅が見向きもされず売れ残っています。その近くには、ヘンテコな新築建売住宅が建築されすごい速さで売れていきます。「お金」という大切な支出を考えればしかないことかもしれません。それでも、それは表面的なもの。経験のない住宅という買物だからこそ、勿体無い宝物を見逃しているのだと考えるのです。僕が感じることへのひとり言を長々と綴ってみました。長文をお読みいただきありがとうございます。(^’^)

 

広島で中古住宅を検討している方へ、ここで示したような事が可能な条件はズバリ劣化状況を正しく知ることです。そのためにはホームインスペクションによる状況の把握につきます。表面を飾ることなどどうにでもできるということをお忘れなくです。

弊社はホームインスペクションをはじめライフプランや物件調査まで様々な疑問や不安を解決するための不動産コンサルティングを提供しております。なにをどうすればよいかわからない方はお気軽にご相談ください。初回相談は無料です。

ホームページはこちらです。


コメントを残す

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。