広島の住宅購入サポート 三笑塾 塾長

マイホームに資産性は重要なのかな?

関心や興味が変われば、付き合う人も物事の考えも変わります。その結果、行動も変わるはずです。趣味も変わることでしょう。長い人生、色々な経験をするのだから当然です。

資産価値のある家を否定してみる!

「その結果、家も住み替えるでしょ!」この考えが家は資産価値のある家を購入しましょう!という考え方だと思います。

僕は違います。愛着なる家。思い出がいっぱい詰まった家。そんな家を売るでしょうか!?こう考える人です。例え、付き合う人が変わっても、物事の考えが変わっても、愛着のある家は手放さない!その家に住み続けることで趣味も行動も変化させたいと考える人です。そんな僕の思考からすると資産性の高い家といわれる多くは、住みたいと思える家ではありません。

快適に暮らせる家とは

多くのお客様の暮らしをサポートして見えてきた、快適に暮らせる家とは、好きなものに囲まれて家であると断言できます。例え、趣味趣向が変化しても、好きの変化をリフォームやインテリアで取りこめばいいのです。そのためには、将来的な資産価値からスタートさせたマイホーム計画では今が見えません。自分が描くライフプランとはかけ離れた状態です。

資産価値という遠くぼんやりした暮らしよりも、今の自分のすきを、経済的に無理のない資金から計画することが、愛着の生まれるマイホーム計画につながるものと考えます。

そんなマイホームから生まれる暮らしが、自分にとって、家族にとっての、本当の意味の資産とよべるものではないでしょうか。

快適に暮らせる家とは

好きなものに囲まれた家です!

愛着の生まれる家こそが

マイホームを資産に変えるのです。

 

見方、考え方により、暮らしは別物になります。家はファストファッションのように最新の流行を採り入れながら低価格に抑えればいいというものではありません。仮に住み替えが前提であっても、その家は、数十年間は社会に風景として残されます。それも購入した方の一つの歴史です。お金という資産。家族の歴史としての資産。僕がマイホームに求めたいサポートは後者へ80%、前者20%くらいです。。。

ここで紹介した話は、不動産的ではありません。商業的でもありません。効率よく販売するためには、こんな話しに付き合ってたら時間ばかりかかります。

この分野は私のようなコンサルや設計事務所、拘りの家創りをしている工務店の分野です。だけど、こんな分野の人を目にする方というのは、そこに気づいた人だけです。運よく?このブログをここまで読み進めている人というのは、想像するにマイホーム計画の迷い人のはず(笑)

僕らの感性からすれば、いたって正しい思考だからこそ迷っているのです。もう一歩、踏み込みましょう。きっと、考えは整理できます。そんなパートナーが見つかるのはあと少しです。

広島近郊でマイホームを計画している人は、お気軽にお問い合わせください。初回相談は無料です!

ホームページはこちらです!

 


コメントを残す

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。