広島の住宅購入相談はサンクティ

2016.10.02

事例

住宅 雨漏れによる劣化

戦後雨風をしのぐために量の確保が急だった「住宅政策」と表現される住宅の歴史。雨風をしのぐことが最低限の暮らしだったのでしょうか。真意については勉強不足ですが、暮らしにとって大切な雨風をしのぐことは、「家」にとっても重要です。

木造住宅の劣化

木造住宅の劣化現象は、「風化」「摩耗」「腐朽」「虫害」などがあげられます。その原因の多くは「水分」によるものです。いいかえれば、建物から水分をいかに絶つかということが重要です。水分を絶つことで腐朽菌やシロアリから家を守りましょう。

雨から建物を守る

雨仕舞といい、雨水を建物に侵入させないためにどのような防水を施し、万が一、雨水が浸入した場合はどのように外部に流れださせるかを建物に施します。

例えば屋根

材料ごとに必要な勾配を確保します。屋根材の下にはルーフィングを張ることで屋根材から雨水が侵入してきてもルーフィングによって雨漏れを防ぎます。屋根の勾配があるから雨水軒先から抜けます。

例えば外壁

外壁も屋根と同じような考え方です。外壁で雨風をしのぎ、万が一雨水が侵入してきても下地の防水シートで雨を建物に侵入させないようにします

img1

シーリング

シーリングは、経年によって劣化し切れたりします。また、バルコニーなどの防水層も劣化し切れたりします。そこから雨水が浸入し劣化が進行します。

シーリング材の破断

雨漏れにより外壁も劣化している現象。

その他について

雨漏れが以外では、漏水、結露、土中からの湿気が水分による劣化の原因と考えられます。全て注意さえしておけば改善できます。早期に発見できるものばかりです。

自分の家であれば定期的点検すれば良いだけの話です。(しない方が多いでしょうね)中古住宅を購入する場合、このような症状に気付かなかったことを想像してみてください。どれだけの費用が必要になるのでしょうか。そもそも、知っていたらとするとその家を買ったでしょうか。

ホームインスペクションを利用すれば、そんな失敗を防げます。保障があるか安心ではありません。ライフスタイルに沿った暮らしを実現するためには、その家の真実の価値や安心の暮らしをイメージし適正な対価で購入すべきです。

暮らすシーンを想像するためにもホームインスペクションは不可欠です!

 

ホームインスペクションサービスはこちら

Conceptual image - help in a crisis situation


家選びで失敗する人・
成功する人の違い
無料メール講座公開中!

このメール講座で得られる内容は、 ネットでみんなが検索できる情報や住宅情報誌から得られる情報とは全く違います。
業界の内情を知り尽くし、 実際に家づくりの現場で実績を重ねてた経験があるからこそ発信できる内容になっています。

家づくりを考えているあなたにとって必ず役に立つ内容になっていますので、 お申し込みお待ちしております!

※迷惑メールが送られてきたり営業活動に利用されることはありませんのでご安心下さい。

コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。