広島の住宅購入相談はサンクティ

2016.10.03

事例

斜めに割れたモルタル外壁

外壁は建物を雨風から守る大切な部材です。ホームインスペクション(住宅診断)では、ひび割れなどを目視で確認します。また、打診棒による音の変化で浮きや剥がれの有無を確認します。

斜めに割れたモルタル

外壁の仕上げ材に、ひび割れ、割れ、欠損、浮き、剥がれなどの症状があると、そこから雨水が浸入してきます。放置しいると下地材が普及してきます。早急に保証することが望ましいのですが、特に、斜めに割れたモルタルについては注意が必要です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

症状

通常モルタルは下地板に沿って割れる傾向が多いです。この画像のように斜めに割れている場合は建物が変形したことによって割れた可能性が高いのです。

住宅にとって雨を漏らさないことは建物の劣化防止のためです。劣化を防止することで大切な命を守るためのシェルターとしての機能を損なわないためです。建物が変形しているという事は耐震性能について不安が残ります。購入を検討する場合はホームインスペクションに加え耐震補強について検討することをおすすめします。

 

ホームインスペクションのご用命はこちら

Help in a crisis situation

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。