広島の住宅購入相談はサンクティ

家に居心地を重視している方は利便性や資産性のバランスに悩みます。

ステイホームお疲れ様です。

今日のNIKKEIプラスは「おうちキャンプ 非日常は工夫次第 」でした。

 

新しい生活様式は「家は楽しく居心地のいい空間」が普通になって欲しいと願います。

そんなことを考える僕は、現在の住宅購入は「利便性」「資産性」重視。居心地とかの暮らし重視を犠牲にしたもの。経済的リスクに耐えれる家というのがトレンドのように発信されているように違和感でいっぱいです。

  • ☑数年後に売却することを前提にするのなら資産性は需要でしょう。
  • ☑夜も遅くまで働き家族と過ごせる時間こそが重要という方にも利便性は重要です。

一方で、居心地とか暮らし重視の方は、どうバランスをとるべきかに悩まれていませんか。

例えば。モデルハウスでイメージを高め注文住宅で理想の暮らしを望んでも、予算内で土地がなければ、現実的な価格で販売できるよう土地を細切れにしてローコストで建てた建売と悩んだりもします。

洋服のように経験値のある買い物なら、それなりの場で着る服と部屋着として適当でいい服とは使い分けて購入できますが、家は二つというわけにはいきません。自分の暮らしを包んでくれる家はどういう家なのかを誰もが悩んでいます。

「利便性」「資産性」VS「居心地」のバランス。

結論を言ってしまうと、このバランスをとる方法は二つです。

  • ☑予算を上げる。
  • ☑利便性や資産性の優先順位を下げる。下げれないのなら「居心地」の優先順位を下げる。

結論として言ってしまうのは簡単ですが、想いの調整ほど難しいものはありません。しかも、経験値のない買い物。生涯で最も高額な住宅という買い物です。不確かな想いよりも現実的に今の暮らしが強く左右したりします。

予算を上げたり、夢の空間はリスクと捉えるむきも大きいものです。

これがうまく共存しているのが不動産ビジネスです。

  • ☑注文住宅のモデルハウスは夢の優先順位を上げるために豪華絢爛。
  • ☑建売は予算を重視する代わりに居心地は軽視。

上手に住み分けられていますよね。

住宅を真剣に考えている皆様はこの極端な世界とのちょうどいいところ探しで迷っているのです。

解決するには時間がかかります。

解決するためには「あなたが求めている暮らしはこんな暮らしじゃないですか?」そんな答えに行きつけるパートナー探しこそが重要です。きっと見つかります。

家は説得されて購入するものではありません。あなた自身の想いの本質にあるはずです。それを取り上げること。それに気づくこと。僕はそう信じお客様のサポートをしています。

広島市周辺で住宅購入にお悩みの方は、ぜひ、一度ご相談ください。特に、無料相談カウンターで解決できなかった方は、是非ご利用ください。経験値の違いをお見せします。

 

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。