広島の住宅購入相談はサンクティ

住宅専用地からコミュニティー優先地へ

ど~も、元ハウスメーカー支店長の田中です。

昨日は某ハウスメーカーの取締役の方が事務所へ遊びにいらしてくださいました。ハウスメーカーの支店長をしていたといっても10年以上昔の話。随分と変わっています。昔のお知り合いが出世しているから生の情報も入手できる。嬉しい限りです。

働き方なんて僕がハウスメーカーに在籍していた頃と比べれば別世界です。今なら僕は間違いなく逮捕されます。(笑)

さて、今日のブログは日経記事。僕的には嬉しい記事です。

住宅専用地に病院・店舗 高齢者配慮で規制緩和
国土交通省は住宅専用としてきた地域に病院や店舗を置けるように建築規制を緩める。閑静な生活環境を保つためこれまでは認めていなかったが、高齢者が増え、歩いて行ける場所に施設が欲しいというニーズがある。商

ここ広島は平地が少ないため住宅地の多くは山を削って家が建ち並んでいます。そんな場所の多くは日経記事にあるように住宅専用地。

高齢になると不便だからと、駅近のマンションに住み替える方も多いのも事実です。

近くに病院があれば利便施設があれば、住み慣れた友人も多い地域を離れるでしょうか?

僕が知る限りマンションに住み替える方も多くは「本当はこのまま住み続けたいんだけどね。これから年を重ねると移動も困難になりそうだから。」と、思い出が多く詰まった家から住み替えを決意されています。

AI社会の到来でこの後は益々便利なります。自動運転も働き方も、今現在、街に住まなきゃならない理由があるように、今後、郊外に住む理由はもっと増えるはず。これが僕の見方です。なので、この記事のように。郊外に住む理由は大好物です。

大手資本のお店のように、自由な時間を提供してくれキャッシュレスもいいけど、世間話をしながら楽しい食事の時間を提供してくれる、お釣りも心を込めて手渡ししてくれる近所のカフェがいいという人も多いでしょ。

猛烈に働いた時代よりも緩く自分の時間を大切にできるこれからの時代。コミュニティーはますます重要になると思うんですよね。そこには緩くつながる暮らし。お庭があってプライバシーもある。程よい空間のある郊外の一戸建て良くないですか。

特に土地代がメチャ高い広島市周辺。郊外の団地はそんな価格も上がってないですよ。見直してもいいんじゃなしょうか。

ご一考いただけますと幸甚です。

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。