広島の住宅購入相談はサンクティ

マンションは管理を買え!は現実です。マンション保険5割高く

マンションは管理を買えとはよく聞く話。

立地も規模も設備や性能等も同じ条件のマンションがあった場合、管理がしっかりとしているマンションとダメダメのマンションでは暮らし心地はまるで違うのは想像できる話。

ダメダメのマンションが修繕計画が計画通り進んでるかといえば疑わしいわけです。修繕するための財源も計画通り値上げされ積み立てられているかといえばこちらも疑わしいわけです。

同じ条件のマンションで修繕計画が予定通りか否かは劣化状況に違いが出るのは容易に想像できますよね。

もっといえば、修繕積立金が積みあがっているか否か。修繕計画もままなってないのに修繕積立金も積みあがってない。

こんなマンションどうなんだといえば、廃墟へ少しづつ進んでいるといっても言い過ぎじゃないと思います。

昨日の日経記事

マンション保険料、最大5割高く 対象は破損多発物件
【イブニングスクープ】

そりゃそうですね。

保険は確率論ですもの。木造と耐火建築で火災保険の料金が違うわけです。破損が多発しているマンションの保険料が高いのは当然。その分、健全なマンションの火災保険料が安くなるべきです。

この先、保険加入できないマンションも出てくるのでしょうか。。。

それよりもっと気になるのは、こんなマンションを購入しないため、保険料が高いマンションの情報公開はあるのでしょうか?財産権のようなものだから無理かな。。。

月曜日にでもちゃんと調べなきゃデスね。

最後に、新聞記事の一部を抜粋

損保大手では5年で水ぬれに伴う保険金の支払いは3割、破損は5割増えたとみられ、マンション保険の損益は大幅な赤字だ。事故は修繕をしない一部のマンションに集中している。大手2社は今回の制度で保険料の公平さを保つ必要があると判断した。

今後はこれから老朽化が進むタワーマンションで収益悪化の懸念が高まっている。大都市の湾岸地区に集積するタワマンは潮風で一部の設備などの劣化が早くなるとの懸念もある。

マンション選びは管理を買えは!今後ますます重要になりそうです!

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。