広島の住宅購入相談はサンクティ

老後2000万円と住まい

連日新聞紙面を賑わせてる『老後2000万円』

僕的には、政局的!?としか考えれなかったし、大雑把だけどま~ま~指摘としては有りだな~と位にしか思ってませんでした。なのでここまで長引いている理由については理解してません。(;’∀’)

では、なぜ僕がこの程度の思考しか持ち合わせたなかったか。そのことについて少々ブログでお伝えしておきます。

そもそも年金ってひとくくりにできるものではないでしょって話です。

大雑把にいっても国民年金であり厚生年金でありですよ。加入期間であり積立額だって一人一人違うわけです。

最近では、年金を早くもらう方が得か遅らせることが得かって話も週刊誌で賑わってるように、老後の生活一人一人の価値観であり暮らし方により、老後に必要なお金はまるで違います。

なので、老後2000万円なんてのは警告というほどでもなく指摘レベル。『あなたはどうなん?』と、皆が老後と向き合うきっかけとして発表されたのだろうとくらいにしか思っていませんでした。

老後と向き合うには『住まい』による違いも考える必要があります。

仮に寿命も生活スタイルも年金額も同じAさんとBさんがいたとしても、持ち家のAさんとBさんでは老後の支出は大きく違うわけです。

Aさんは持家で住宅ローンの支払いもない。残りの生涯、家のメンテ費用を300万円。その他、住居費として必要な支出は固定資産税と火災保険料くらいです。年間15万円として老後30年間とすれば

リフォーム300万円+(15万円×30年)=750万円

Bさんは借家住まい。750万円÷30年間とすれば月額家賃2万円程度の借家ということになります。

どっちがお得かって話ではないんです。ここで示したような話はアリとキリギリスみたいな話になりがちですよね。キリギリスさんじゃダメ。家を買いましょうって話じゃないんです。

親からの資産を引き継げる人もいれば親の負債を受け継がざるえない人もいる。

どう生きるか!どう暮らすか!その選択の先に老後の暮らしがあるわけです。なので、場合によっては老後2000万円では足らない。そんな老後もあるでしょう。場合によっては年金が使い切れないという先輩方もいるわけです。

2000万円足らないを正しい教訓にするために理解すべきは、老後は若い時のように借金できません人生をリセットするには遅すぎます。

豊かな老後のために、老後2000万円問題を自分自身に落とし込みましょう。

その一つが『住まいの選択』

どんな暮らしのスタイルを選ぶか。老後2000万円に直結する早い段階の決断です。失敗しない住まい選びのためにも、豊かな人生のためにも、ライフプランを作成しましょうって話です!

 

 

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。