広島の住宅購入サポート 三笑塾 塾長

プレミアムフライデーが暮らしを変える??

初めてのこころみプレミアムフライデー。僕の周りでプレミアムフライデーを利用して○○○!なんて聞いてないけれど、大手企業にお勤めの皆さまは利用できるのかな。どちらにしても、今後は働く時間は減っていくのでしょうね。お金に余裕があるないを問わず余暇時間が増えるわけです。

その余暇時間を快適に過ごすための一つが「家」です。通勤に便利だからと駅近×都心。病院も公共施設もそろっているから駅近×都心。将来は住替えるから駅近×都心。駅近×都心は周辺施設を利用できます。人気です。だけどこれって快適ですか!?

僕の考える「家」の快適は違います。快適=「利便性」だけではありません。暮らし=「利便性」なのに、家にも家としての快適を求めるからややこしくなるわけです。

残業続きで会社終わるのが20時過ぎ、それからJRを乗り継いで家に着くのが21時すぎ、食事して風呂入って、ほっと一息ついたら就寝時間。朝は6時には起きて7時には自宅から出勤。ご主人だけなら我慢もできるでしょうが、奥様もフルで働いているならこんな生活できません!日当たりも風通しも不要です。このように考えるべきです。考えれれば、駅近×都心暮らしに決まってます。

これが大きく変わろうとしているわけです。プレミアムフライデーも、今は大手さんだけとか一部の方しか利用できないかもしれません。だけど、確実に変化します。

現実、不動産的にも効果もないチラシ配りなんて不要な時代です。不在のお客様宅訪問なんて必要とされていません。遅くまで残る理由はボスゴリラに対するタテマエでしかないという企業は多いはず。。。

企業も残業代カットできるし、僕たちも旅行に行って見聞を広めることもできるし、DIYで素敵な寝室へと模様替にもチャレンジできるし。。。忘れかけてる本物を見る目も養える。。。と、そんな思考です!

これって僕の個人的想いです。少しでも、何となくでも感じる方は考えてください。今のトレンドは変化します。だけど、流れてくる話は今!勧められる話も今!

暮らしはトレンドに影響されます。だけど、暮らしは自分のもの。どんな暮らしを望むのか。そのためにはどうあるべきか。どうあるべきのなかに「家」での暮らしがあるはずです。

その「家」とは!?に、もっと真剣向き合う必要があるのではないですか。これからは、家で過ごす、楽しむ、だけの時間が生まれるわけですからね。

プレミアムフライデーについてのひとり言でした。


コメントを残す

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。