広島の住宅購入サポート 三笑塾 塾長

「住宅設計&コンサル」有料と無料の違い

世の中は無料のサービスでいっぱいです。弁護士事務所までもが無料サービスを提供している時代ですからね。有料と聞いた瞬間、「はい!おたくは検討しません!」こんな考えが多いのも理解できます。

モデルハウスでは無料どころか見学するだけで来場プレゼントまで用意されています。年初めのモデルハウスでは福袋を用意していましたが、毎年かならず福袋目当てで来場される方がおられます。(汗)

不動産業でいえば仲介手数料は成功報酬です。仲介が成功するまでは全て無料です。このブログをかきながらの気付きですが、そう考えると、それまでかかった経費を回収するためには必死になるのは当たり前。。。当初考えていたブログの中身が変わりそうです。

無料は優しいいサービスなのか!

ハウスメーカーの多くは設計料は無料で何枚も書いてくれます。(最近はハウスメーカーの設計料についてもイロイロですがここでは触れず。一言だけ触れれば実は無料なんてことはない!数%の契約者様が負担しているわけです。)その分、やはり契約のために必死です。

僕は初回は無料ですがその後はお金を頂きます。いただくからいただいただけのコンサルをします。無料であれもこれもしてちゃお金を頂いた方へのコンサル時間も質も減りますから当然といえば当然です。こちらの方がフェアーでしょ。

無料で設計して無料でコンサルして、それでいてサービスの質も最終的な料金が安いというのなら別ですけどね。。。どこかで回収しなければそんなサービスは続きません。建築費がべらぼうに高いか、どっち向いているかわからないような品質の低い家とか、自転車操業で経営が火の車かのどれかじゃないですかね。

話がそれました。工務店さんや真面目営業さんや設計事務所の先生でも、半年間で何枚も何枚も図面を書かされ、ついには急に連絡がとれなくなった!こんな話を良く聞きます。今の時代といえば時代なのかもしれません。寂しい時代です。

でもねって話です!

設計図面やコンサルというのは形があるようでない商品です。しかし、その形を想像できるから設計者でありその図面が出来上がるわけです。何よりもかけがえのない素晴らしい建物が出来上がるわけです。一方で、そんな素晴らしい建物を真似た家をよく見ます。あ~こんな感じに仕上げたかったのかなと想像できる残念な建物です。ここで言いたいのは!真似は所詮真似なんですよ!何枚も無料で書かせたプランで満足できますか。。。証拠も残らない口八丁のセールストークで真実は語られてますか。。。

型枠に流し込めば家ができるわけではありません。一つひとつの納まりとか、経験とかを形にするために910mmの線が平面図に書き込まれ、その線が家として完成するまでにどんな部材と部材が接合する。美しく仕上がるためにどのように納めるかという詳細図面があるわけです。なんと言うか、ほんのちょとした工夫が長きにわたり居心地の良い空間をもたらしてくれるわけです。

無料でそんなサービス提供できますか?提供しようと思いますか?

費用対効果で考えれば無料のサービスは何処まで行っても集客の装置です。お店があって従業員を遊ばせておくくらいならという考えなら成り立ちます。しかし、設計にしろコンサルにしろそんな時間はありませんよ。

そのサービスに価値があるからお金をいただける。設計とはそんなものです。コンサルとはそんなものです。請負は自分で好きな工務店にお願いすればいい。購入する不動産は自分で探してきた物件を購入すればいいわけです。サービスの質に料金を頂いているから当然に可能です。

マイホーム=夢という高い想いをお持ちであれば、「無料と有料の本質の違い!」充分に理解しましょう。その違いに気付くのは何時の時代も森から木が見える森に入ってからです。そう!契約後です。引き返すにはリスクがともなう時からです。

 

追伸 無料で設計している真面目な業者さんもいらしゃいます。ただし、やたらにプランしましょうなんて仕事は創りません。あなたが今お話ししている業者さんは、ただただ家を売りたいだけの人達じゃないでしょうね!

創っているのは「家」ですよ!「暮らし」ですよ!お忘れな気ように!!

 

 

広島の住宅購入コンサルはこちら

wireframe of cottage


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。