広島の住宅購入相談はサンクティ

ゴールデンウィーク中にモデルハウス見学した方への注意事項。

注文住宅を建てるのなら、間取りの相談は必要不可欠。当然、建築士と相談が始まる。。。はず。。。なんだけど。現実は、どこのハウスメーカーで家を建てるべきか。どんな家を建てるべきかを整理しなきゃならない。

なので、住宅情報誌や住宅展示場めぐりが始まります。

そこでは、間取りの前に、家の性能説明や会社案内といった家づくりの間接的なお話、土地探しの相談や資金計画など、家づくりの周辺の相談から始まります。

注文住宅の醍醐味である、間取りやデザインなどは、それらの頭の整理ができてからのお話です。特にゴールデンウィーク中のモデルハウスでは注意してください。

モデルハウス見学後の注意点

建築士と家づくりが始まるのは、早いハウスメーカーでもモデルハウスのイメージと営業による説明後です。いい変えれば、モデルハウスのイメージと営業トークにより注文住宅は完成を想像しているのです。

オプション設備や素材。家具や小物でつくりこまれたモデルハウスだけに、モデルハウスのようなイメージを優先した家造りには注意しなければなりません。

  • ☑標準とオプションの違いを把握されていますか?
  • ☑敷地の広さや周辺環境なども提案図面には落とし込めていますか?
  • ☑見積もりの内容。図面の読み込み。しっかり確認できていますか?
  • ☑暮らしを実現した時、背伸びしすぎて窮屈じゃないですよね。
  • ☑などなど。。。

多くのモデルハウスを見学してごちゃ混ぜになってませんか?

5月連休などの大型連休中のモデルハウスは集客時期と重なり多くの来場者様で賑わいます。あわただしさの中で多くのモデルハウスを見学します。

あわただしさの中ではイメージがごちゃ混ぜになってしまいます。モデルハウスよりも立派なカタログでイメージがつくりこまれます。いいとこどり、いい言葉どり。営業が得意なイメージ先行の家づくりです。(笑)間取りや設備機器や照明計画などは後の後。場合によっては契約後はじめて自分の計画している家の仕様を知る。なんてかたもいるでしょう。

家づくりの失敗はまさにこれ!契約後に知るから『こんなはずじゃなかった!』という声が後を絶たないという単純なお話です。

決めていくことが無数にあるのが注文住宅です。多くのハウスメーカーでは、無数にあるオプション(場合によってはマイナスオプション)。予算との兼ね合いにより、完成する家の間取りも品質もまるで違うのが『注文住宅』なわけです。

だからこそ注文住宅で家を建てるには

自分のペースと信頼できるパートナーが大切なわけです。

特に、あわただしいイベントシーズンであるゴールデンウィーク中のモデルハウス見学時は、ごちゃ混ぜの空間イメージによる勘違いは多いものです。

ご注意ください!

 

広島市周辺で注文住宅をご検討する皆様。弊社がいただくお客様の声で多いのは。『そこまでたどり着けません!』というお声。そりゃそうですね。ハウスメーカーの営業でも多くは表面的になります。そもそも、こだわった家づくりをしている工務店さんや建築士の家づくりは、『モデルハウスがどこにあるのやら。。。』です。ハウスメーカーでは想いが通じないという方は、一度ご相談ください。初回相談は無料です。お気軽に(^^♪

ホームページはこちらです。


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。