広島の住宅購入相談はサンクティ

不動産価格の適正価格を知ることが失敗しないマイホーム選びだ。

マイホーム選びとは立地選びでもある。立地選びとは予算との戦いでもある。○○地区あたりにマイホームが欲しいと考えても具体的な場所まで特定できている人は少ないだろう。土地の広さや形状、日当りや周辺の環境。おおよその土地の坪単価を把握したとしても予算内でどの土地にすべきかということは個別具体的なものだからだ。衝動的に購入できるものではないのが不動産というものだ。

その理由が、その土地をその値段で買って本当に良いのか!?損をしないだろうか?ということにあるように感じる。日当りが良く、道路が広く。値段が○○万円以内。そんな掘り出し物が出てきたら紹介してといわれるが、そんな土地、業者でも手に入るものではないと何度心の中でつぶやいたことか。。。そんなこといっても理解の良い僕にはわかる。購入する側の気持ちというのはどんな商品であろうと安ければ安いほどいい。しかも、不動産の世界には700万円の値引き成功!と声を大きくしている輩もいるわけだからね。

一方で、売りたい人はその逆だ。売りたい人からすれば車で離合できない道の狭さも、この辺は車のマナーも良くて静かでいいところだよとなる。

このギャップを市場や時間が埋めていくのだがその間にたつのが仲介業者さんだ。いくらいい土地でも市場価値からあまりにも高い金額の土地を購入するという人はそうそういやしない。根拠を示し査定書により、実際に売れる価格の提示をするわけだ。だが、ここで面倒な話だ。売りたい人の心理からすれば、少しでも高い査定に期待したいという事実。(このアンバランスに先にも輩の出番がある)

本題に入る前に、ここで仲介業者にとっての儲けの仕組みについてお話ししよう。「売りたい人×買いたい人」両者からの仲介手数料こそが儲けの仕組みだ。両者の仲介することがベストだが、少しでも高く売りたい売主さんの不動産の場合、早々に売れるはずはない。だが、そんな売主さんとも専属専任媒介契約もしくは専属媒介契約を締結し売れるまで継続すれば仲介手数料は確定できるという話でもある。2000万円なら最大で712,800円(税込)3000万円なら1,036,800円(税込)売れさえすればこの手数料がいただけるわけだ。

売れるまで継続すればというのが重要だ。関係性のスタートは売れるはずもない高い媒介契約かもしれない。だが、媒介契約をしてそれから関係性が始まれば売れない理由も少しづつ理解できてくる。3000万円で売りに出ていた売り土地が2500万円なり、2300万円になりという図式だ。

こんな人と媒介契約の査定を戦っている仲介業者さんが大勢いる。残念だが、真理よりも期待値が勝つケースだ。この場合、最終的にこの売主さんは真理の査定より高く売れたのか???残念だが確実なデーターは持ち合わせていない。だが、当初3000万円で売りに出た不動産が半年後に2300万円で売りに出ている場合。もう少し値引きできるんじゃねぇ~って思わないだろうか。交渉の余地あるよねって思わないだろうか。。。。それよりも、当初より2300万円という適正な査定金額として売り出した不動産の方が買物としていい買い物といえないだろうか。

この現実を知ることこそ大切だとういことだ。不動産の高い安いは根拠でしかない。表面上チャレンジ価格のような不動産を買うなんてもっての他。誇大広告的コンサルを撲滅するためにも、適正な取引を妨害する宅建士を撲滅するためにも、不動産の適正を考えよう!適正を知るために努力しよう!ということだ!!

 

不動産購入時には価格根拠を求めよう!

 

 

不動産の物件調査やコンサルティングについてまずは無料相談を!

 

 

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。