広島の住宅購入相談はサンクティ

トラブルの多いリフォーム工事

 

どんな住宅も快適な暮らしを続けるためにはリフォーム工事が不可欠です。そんなリフォーム工事とは新たに手摺をつけたりエアコンを新設するなどの簡単な工事だけではありません。

雨漏れやシロアリ被害への対応、耐震補強や省エネ改修、間取り変更を伴うリフォームなど、知識や技術力がなければ対応できないリフォーム工事も多くあります。

年々増えるリフォームトラブル

リフォームをするとなったら誰に頼みますか?

令和2年住宅市場動向調査報告書(国土交通省 住宅局)によると、リフォーム実施世帯における施工者に関する情報召集方法は、以前から付き合いのあった業者33% 知人からの紹介27.5%となっています。


新築してくれた業者さんや以前から付き合いのある業者さんと良好な関係が継続できている方は少ないのでしょうか。さらにデータをみて驚くのは、この時代に、折込広告13.9%や業者の直接セールス7.9%もあることです。

懸念すべきはリフォーム工事によるトラブルが年々増加傾向にあることです。下図は(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる資料「リフォーム新規相談件数」「住宅リフォーム市場規模」をもとに作成しました。

リフォーム規模は2013年から6兆円前後で推移しているのに、リフォームに関する新規相談件数は年々増えていることが分かります。さらに2019年の新規リフォーム相談のうちトラブルに関する相談が66.5%もあります。

リフォームトラブルの内容

リフォーム相談の多くがトラブルであることは前述しました。その苦情の相手方の93.5%はリフォーム業者。さらに問題は解決希望内容です。修補ではなく契約解消や損賠倍書といった大きなトラブルまで発展しているということです。(資料:(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター 住宅相談統計年報2020)

トラブルの原因となる不具合箇所を見てみると雨漏れや漏水などリフォームしたのにも関わらず報告されています。詳しくはこちらをご確認ください。25P 住宅相談統計年報2020

リフォームトラブルの原因

では、何故このようなトラブルが後を絶たないのでしょうか?リフォーム業界がダメダメ!と言ってしまえばそれまでです。確かに、いまだに無料点検をエサに悪さばかりしている業者の話はあとを絶ちません。

このような業者が残りえる理由があるとすれば、それはリフォームの動機によるものだとも考えれます。

資料:令和2年住宅市場動向調査報告書(国土交通省 住宅局

報告書によると「住宅がいたんでいたり汚れていたから37.8%」「台所・浴室・給湯器などの設備が不十分だった22.7%」僕の経験からこの動機とは、「雨漏れがしている。」「お湯の出が悪い」という生活に支障をきたす切羽詰まった状況下だと想像します。

これも勝手な推測ですが、冒頭の資料の通り、お付き合いのある業者がいない方は知人へ紹介を求める。それでも適当な業者に出会えなければ、折込チラシや訪問販売業者の直接営業へ依頼するという図式ではないでしょうか。これら業者のなかに悪徳業者が存在することは想像できますよね。

かかりつけ医のようなリフォーム業者をみつける

リフォームの本来の目的は生活改善であるべきです。切羽詰まって傷んだところを補修するという行為ではありません。

先の図表「リフォームの動機」にもありますが、切羽詰まった先の動機を除けば「家を長持ちさせたい」「さしあたり不満はなかったが良い住宅にしたかった」などなど健全なメンテを重ねている方は、その場しのぎのリフォーム工事はないのでしょう。

人と同じように家も必要なメンテナンスが重要です。そして、家族構成の変化やライフスタイルの変化によるリフォームにより、生き生きと美しく年を重ねることが可能です。

そのためには、家のことを何でも相談できるかかりつけ医のようなリフォーム業者を見つけてください。この先リフォームの情報召集先「以前から付き合いのあった業者」の割合が増えることを願います。

 

 

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら
2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。