広島の住宅購入サポート 三笑塾 塾長

戸建て団地は宝物でいっぱい。

 

「団地が死んでいく。」「団地のスラム化。」「団地の空き家問題」「団地内で孤独死。」などなど、団地というキーワードからポジティブな声より圧倒的にこんなネガティブな声が聞こえてきます。

団地ってダメなの?

確かに高度成長期に成長した団地はこんな状態です。なんとかしなければと行政も民間も知恵を縛っている最中です。そんな知恵を絞って取り組んでいる団地の中には成功事例と呼べる団地も出現してきました。

そんな団地の成功事例を見聞きしていると。大切なのはコミュニティーなんだな感じるわけです。

団地は捨てたもんじゃない。むしろ宝の山だ。

コミュニティーが再生されることで新しい人が入居してくる。全年齢のコミュニティーが生まれることで、ただの古い街から懐かしさのようなものへ街全体の見方さえも変化する。古いものへ手が加わり、まっさらな街とちょっと違った昔を懐かしむような素敵な街が出来上がる。そんなポジティブな視点から若い方が住み継いでいく。

広島も集合住宅が立ち並ぶ団地もありますが、多くは戸建てが集まっている戸建て団地です。そんな広島の戸建て団地も、高齢化が進んでいるのは同じです。だけど、空き家が多いのかというとそんなことはない。広島市においては中古流通は機能しています。

「団地が死んでいる」という感覚は僕には全くありません。暮らしの選択肢として有りだなと思う人です。むしろネガティブな声が大きいからか価格は安め。宝の山だと思っている人です。

結局、捉え方。情報の集め方。だと思うわけです。多様なライフスタイルといいながら、中古住宅は、団地は、マンションは、と、大きい声に影響されてしまいます。

選ぶのは自分自身。自分に合った暮らしこそが快適な暮らしです。

この本のおわりにも

「団地が死んでいく」ーほんとうに死んでいくのはそこに住む高齢者たちであり、作り上げてきた「結」と「結の想像力」だ。建物は平気な顔をして再びよみがえる。

※結というのは田植えや屋根の葺き替えなどで、一時的に多くの労働力を必要とするとき、同じ部落などの共同体が互いに人手を貸しあうことをいう(共同施設にある結の発想より)

 

団地が死んでいく (平凡社新書) | 大山 眞人 |本 | 通販 | Amazon

 

団地は死なない。団地には快適な暮らしがある。再生のために尽力したい僕がいる(笑)

 

あ!もちろん団地は宝物でいっぱいといっても、そこに建つ戸建ての一つ一つはまるで別物です。だから、媒介契約時にホームインスペクションのあっせんの有無を説明しなさいとなったのです。(これはこれで大いなる不満ですけど。)

広島で中古住宅のホームインスペクション依頼は弊社まで!


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。