広島の住宅購入サポート 三笑塾 塾長

ホームインスペクションを利用するタイミング/広島編

昨日のブログは中古住宅を検討する場合はホームインスペクションを条件としましょう。というものをブログにしました。

来年4月より、宅建業法の改正により媒介契約時にインスペクションのあっせんの可否をしめさなければならなくなったとはいえ、当たり前のようにインスペクションが普及するにはまだまだ時間がかかるだろうな~というのが僕の見方です。なので、買主さんが自らインスペクションを条件とすることで安心安全な取引につなげる必要があるのです。(昨日のブログね)

では、どういうタイミングがベストかが今日のテーマです。

インスペクションも費用がかかります。やみくもに気になる物件を全てインスペクションなんてできません。自分の目で見て判断できないこと。購入後に思いがけない費用が発生しないこと。資金計画的に無理がないこと。などなど。。条件がそろえば購入したいという物件が見つかった時があなたにとってインスペクションすべきタイミングです。

通常の物件見学から入居までの流れは

「物件見学」⇒「申し込み・買付証明」⇒「契約」⇒「引渡し」⇒「入居」

契約後、ホームインスペクションにより思いがけない瑕疵や問題が見つかったらどうします。中古住宅の売買契約は、現況有姿の取引であり、瑕疵担保責任は負担しないという取引が多いものです。この場合、支払った手付金を放棄しなければ契約解除ができません。そんなことにならないためには、ホームインスペクションを利用するタイミングは契約前が絶対です。

もう少し具体的にしましょう。売主の立場でいえば、買うか買わないかわからない方に貴重な時間を割いてホームインスペクションというのはあまりいい気はしないものです。

広島地域では、物件見学の後に申込みという慣習は殆どありません。条件等の折衝は口頭もしくは買付証明書によるものです。

買主側の立場でいえば、手付金の額や住宅ローンの特約期間など細かい取り決めも大切ですが、それ以上に、検討している不動産を販売されている価格で購入して良いかどうかの判断が必要です。そのためにも、ホームインスペクションにより建物状況を知る必要があるわけです。

売主様や仲介業者様によりタイミングに違いはありますが、検討物件に大きな問題がなければ購入したいという判断された時。その時がベストなタイミングだと考えます。(申込み制度がある地域であればのその時がベストなタイミングなのでしょう。)

残念ながら広島地域においては、未だホームインスペクションなど不要です。このように、ホームインスペクションを断られたとのお声をたくさん頂いております…。

もう一つ大切なことです。

宅建業法の改正により媒介契約時にインスペクションのあっせんの可否をしめさなければならなくなったと前述しましたが、既存住宅状況調査(インスペクション)が過去1年以内に実施されているか、実施している場合はその結果の概要について、宅建業者が買主に対して行う重要事項の説明に追加されるようになります。(仲介業者による説明責任が書面として担保されます。)

その意味では、NPO法人ホームインスペクターズ協会によるホームインスペクションに加え、瑕疵保険における既存住宅状況調査をセットで利用することでより一層の安心安全が担保されるものとなりますね。

中古住宅購入で大切なことは

契約前にはホームインスペクション!

ですdouble exclamation

 

 

sanctyは2級建築事務所でもあります。また、既存住宅瑕疵保証保険検査事業者でもあります。より安心していただくためのホームインスペクションサービスに加え、瑕疵保険検査や瑕疵保険加入手続きもも同時に可能です。中古住宅購入に対する様々な不安や疑問の解決はお気軽にお問い合わせください。初回相談は無料です!

ホームページはこちら

 

 


コメントを残す

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。