株式会社サンクティ sancty 不動産FPコンサルティング事務所

ホーム サイトマップ プライバシーポリシー


住まいづくり段階別チェックマニュアル

ここでは、住宅購入を検討するときに陥りやすい注意事項について、喚起しております


お客様によっては、このフロー通りのスケジュールで進んでいない場合もあるはずです。 その際は気にせず、ご自分の段階をチェックしてください。



完成引渡し



パパ : 「結局、工事中ほとんど現場にいけなかったね。」
ママ : 「任せていれば大丈夫って言ってたし、問題ないでしょ。それよりも、来週の日曜日が施主検査だって。」


待ちに待った完成です。



icon 思ったより狭いね!

icon なんかイメージと違う!

icon どうしてこんなところに傷があるの!

icon この傷も、ごまかしているだけじゃない!

icon このクロス選んだのと違わない?

icon このカウンターの高さ違うよ!10cm低いじゃない!



工事中の不信感はこんな形で怒りに変わります。 工事中のありとあらゆる不審につながるのも必然です。 行政の検査長期優良住宅・建築設計性能評価を取り入れても



icon 基礎背筋時

icon 躯体工事完了時

icon 下張り直前の工事完了時

icon 竣工時

 ※3階以下の場合



以上の検査です。 これだけあれば問題ないという方は安心できます。 前述のような怒りはないでしょう。


けれど、ちまたでは、多くのトラブルが多発しています。 損害賠償請求など日常ですね。 たった、これだけ、こんなもんじゃ信じられないという方は、 「もう一度建替えて欲しい!!」「こんな家住みたくもない!! 」。 こんな家住みたくないといっても住まなければならない。 こんな家に、長期のローンを支払い続けなければなりません。

完成引渡し

止めを刺すように、ここでもう一つの問題が生じます。 こんなときって、決まって引渡しまでの時間が無い!! 万が一、ダメ工事の手直しで引渡しが遅れたとしたら 履行遅延による損害賠償の責任に該当します。 この損害賠償の範囲は相当因果関係に立つ損害といわれています。 (この家の価値、賃料相当額ということになると思います。)


これでは、やられ損ですよね! 注文者のメリットとなることはありません。


住んでいた家を売却して、注文住宅の建築であれば住んでいる家を引き渡す期日も、 延期しなければならないということになるのかもしれませんね。 その契約は,債務不履行による、違約となりませんか? トラブルによる損害賠償怖いですね・・・・・。


気をつけてください!

最も悲しい結末はお金を支払ったら修理など何もしてくれなくなったなどの話なども聞きます。



icon 安易にお金を払わない

icon 安易に引渡しを受けない

icon 手直し工事のスケジュールを明確にしてもらう

icon 損害賠償も含め、責任ある立場のものと話をする



少しでも気持ちが整理できる状態で引渡しを受けましょう。 そして、出来る限り、ダメ工事を見届けてから引渡しを受けましょう。 入居後の工事はモット精神的にダメージを受けますからね・・・。



初回無料相談