株式会社サンクティ sancty 不動産FPコンサルティング事務所

ホーム サイトマップ プライバシーポリシー


住まいづくり段階別チェックマニュアル

ここでは、住宅購入を検討するときに陥りやすい注意事項について、喚起しております


お客様によっては、このフロー通りのスケジュールで進んでいない場合もあるはずです。 その際は気にせず、ご自分の段階をチェックしてください。



工事着工〜完工



パパ : 「色々と打合せや手続き大変だったけど、これでよいよ工事に入るんだね。」
ママ : 「そうよ、あと暫くすれば念願のマイホームに住めるのよ。」


icon 住宅ローンの融資承認!

icon 土地の残金支払いが終了!


打ち合わせ終了すると後は工事着手のための手続きです。 一連の流れはつかんでおきたいものですね。



icon 長期優良住宅法

icon 品格法

icon 瑕疵担保履行法

icon 建築確認

icon フラット35



どれに関係するかご存知ですか? 見積書仕様書等に関連するので野暮な質問ですが意外と忘れ去られているというか、 あまり興味の無い人もいらっしゃるようです。


例えば長期優良住宅法では…



icon 技術的審査申請を登録住宅性能評価期間へ申請します

icon その後、適合証が交付され

icon 長期優良住宅認定申請を特定行政庁へ届け出ます

 (認定申請と同時に確認証に変わる審査を申請することも可能です。)

icon 認定書交付

 (認定書交付されないと工事着工できません)



瑕疵担保履行法も保険法人への届出が必要です。


誰もが、工事着工までの流れは知っておく必要があるでしょうね。 工事に着手しても 、この違いは、現場監理の違いにつながります。 わかっていれば、いらぬお世話ですね。


前置きが長くなってしまいましたが、依頼した建築業者の工事体制・監理体制は確認していますか? 詳細な説明が本来必要ですが、ここはあえて省きます。


工事管理体制はとても大切です。


分離発注方式 工務店や地場ビルダーのように協力会を組織し、左官、電気業者といった下請け業者に工事を発注し、 自社管理の下に工事を施工している。
一括発注方式 大手ハウスメーカーのように、全て一括で地元の工務店などに丸投げする形式を取っている。 (この場合の左官、などは孫請けにあたりますね。)



工事着工〜完工

この二つの方式に大きく分けることができます。どちらの方式が良い、悪いは別として。 工事途中、どれだけ監理が行き届いているかということがとても重要なのです。


職人さんのモラルはしっかりしていますか? 工事中の現場に土足で上がる。タバコをすう。 呑みかけの缶コーヒーが無造作に置かれている。 こんな事を、許しているようでは信頼できませんね。


突然、現場監督に、現場の状況について連絡入れてみると全く、トンチンカンの答えが返ってくる。 現場に行ってないようですね。 現場任せで良い家なんか造れるはずありません。


気をつけてください!

工事中は、すさまじいスピードで作業が進みます。 大切なマイホームも1週間もすれば、全く景色が違います。 社内検査があるから大丈夫というけれど施主のあなたより厳しい目で見てくれるでしょうか? 行政の検査があるというけど4回程度で満足した検査といえるでしょうか?


現場に来る必要は無いというけど邪魔になるからではないでしょうか? 現在の下請けに支払う賃金は建物の大きさに対して幾らと計算したりします。 早く仕上げたほうが儲かる仕組みも多いのです。 あなたが、儲かる仕組みに協力する必要ありますか?


マイホームが利益になる仕組みは…



icon 現場には顔出す

icon 気付いたら連絡する

icon 納得できなければ現場を止めてでも話し合いする

icon できれば、第3者の現場チェックをお願いする



あなたがお願いした会社、全て逆を言ってませんか?



初回無料相談