株式会社サンクティ sancty 不動産FPコンサルティング事務所

ホーム サイトマップ プライバシーポリシー


住まいづくり段階別チェックマニュアル

ここでは、住宅購入を検討するときに陥りやすい注意事項について、喚起しております


お客様によっては、このフロー通りのスケジュールで進んでいない場合もあるはずです。 その際は気にせず、ご自分の段階をチェックしてください。



請負契約締結後打合せ開始



ママ : 「楽しい。どんどんよくなってない?インテリアコーディネーターの人センス抜群よ。 カーテンや照明を選ぶだけじゃ物足りない。家具も一緒にそろえましょうよ。」
パパ : 「どうせそろえるんだから、全部お任せしよう。」


何事もなければ、住宅を購入するための打ち合わせは奥様にはとても楽しい時間です。 家は女の城とはよく言ったものです。 最近の家では、ステテコに胡坐をかいたお父さんの姿など想像できませんね。 いえ、想像したらきっと叱られます。

請負契約締結後打合せ開始

数千万円もする住宅を買うのだからとついで買い?大人買い? 契約までは慎重だった人も工事請負契約を締結すると、大胆な追加金額を支払う人もいます。


一方で『我慢よ、いろいろとすすめてくるけど、これ以上追加できないからね。 いろいろサービスしてくれているんだからね、え、オール電化住宅にすると金額アップ? どういうことですか!営業の○○さんがサービスだって言ってくれましたよ。』



icon 地耐力の不足ですって、そんなこと聞いていないよ!

icon エクステリア工事、何それ!

icon 聞いてないよ・・・!



このように、営業マンから説明不足のトラブルが絶えません。 運悪く、自分の営業成績しか考えていない担当者であればこの頃から、なんとなく不穏な雰囲気が漂ってきます。 このように、工事請負契約を締結するには充分な注意と確認が必要です。


気をつけてください!

自分の営業成績のことしか考えていない担当者は契約後の打ち合わせには参加したくないようです。 参加できないというのが適切な表現かもしれません。 あまりにも、聞いていた話と違う場合人生設計そのものさえも狂ってしまいます。


この先は、洒落にもならない話です。



icon この先の、引渡しスケジュール、丈夫ですか?

icon 住宅ローンの借入金利の説明、丈夫ですか?

icon 諸経費に必要なお金の計算、丈夫ですか?

icon そもそも、工事請負契約そのもの大丈夫でしょうか?



注意してくださいね、残念なことに、一度あることは二度、三度あるものです・・・。



初回無料相談