広島の住宅購入サポート 三笑塾 塾長

注文住宅のプレゼンテーションに納得できない。

注文住宅を検討するにあたりプランを提案されるプレゼンテーションという行為は、あなたに対する贈り物という意味合いがあります。形ないものを創る注文住宅。プロがあなたに変わり「これがあなたの望む家でしょ!」と、プレゼントをしてくれる儀式なわけです。

夢のマイホームとはまるで違う家創り。

想像以上の贈り物なら感動さえ覚えるでしょう。その逆に、創造に値しないならがっかりするはずです。ハウスメーカーや工務店を中心とした家創りの現場では、「夢のマイホーム」と宣伝している彼らが、要望に値しないプレゼンが多いのは何故でしょう。マイホームが夢であるなら最も重要なステップのはずなのにです。何故ここにプロである建築士があらわれないのでしょうか。僕が最も不思議と考え納得いかない仕組みです。

夢とはまるで違う現実的な営業

○LDKという表現と平面図だけの動線に集約されたプレゼンテーションでは、関心のありかは設備やモデルハウスで見た自分勝手なイメージです。次のステップでは価格やキャンペーンによる営業という図式です。こんなもので夢は語れないでしょ。

考えるに規格型住宅を提案している企業やそんな企業の卒業生にこんなケースが多いと感じます。しかたありません。美意識もなければプレゼンテーションで感動した経験がないのでしょうから。

お金で釣られてませんか。

「あなたのことを愛している。こんな素敵なダイヤモンドをプレゼントするから僕とデートしてください。」と迫られても、ダイヤモンドが欲しいわけでもなければ素敵とも感じないわけです。当然、あなたには不要です。

それでも皆が皆、ダイヤモンドやエメラルドといった宝石を持ち寄り言いよられれば、その中で一番高価で趣味に近いプレゼンをしてくれる彼とデートくらいならしてもいいかとなるのかもしれません。(失礼!僕は男子。男なら確実にでした。)

こんなことが注文住宅を検討していて、なんかしっくりこないという方の心境です。何社も同時進行で多くの時間を犠牲にして話を進めた。それでも決め手に欠けていまだに悩んでいるという図式です。

これって大変残念な状況ですよ。

この理由は、感動するプレゼントがその中にないからでしかありません。それでなくても決めなきゃならないことが沢山ある注文住宅なのに、ほとんどはゴミと化すわけです。あっ違った!ゴミでしかないプレゼントを貴重な時間をかけ検討しているわけです。残念でしょ。

この原因はこんな理由じゃありませんか。

「1000万円~の家創り」「○○の家キャンペーン」などなど、夢の注文住宅とは似ても似つかない「お得感!でいっぱいのキャッチコピーからはじめ、資料請求やモデルハウスを見学していませんか?

注文住宅を検討している理由が予算重視ではなく「夢のマイホーム」であれば、その初動は間違ってます。それらの会社の強みはプレゼン力でもなんでもない。価格です!販売力です!

彼らのプレゼントは値引きやキャンペーンを適用することです。間取りに期待してもらうことなどできる体制ではありません。だから、あなたの担当スタッフは建築士でもなんでもないタダの営業じゃありませんか?

あなたが「お風呂はこの位置変じゃないですか?」と尋ねれば、「どうにでもなりますよ。変えましょうか?」と回答されるはずです。これは「あなたのプレゼントセンスないですね!」といっているのに、「センスなんてどうにでもなります。いつでも取り替えてきますよ!」と答えているのと同じです。

あなたの暮らしは取り換えできません!そんな軽いプレゼンテーションで満足できるはずありません。だから提案に納得できず無駄な時間とイライラが募るのです!

 

上手くいかない時は、全て白紙に戻すことでまるで違った景色に巡り合うこともあります。ここで紹介したケースというのはまさにその時です。人生に無駄な時間はありません。ここでの経験が注文住宅業界の現実を知る経験につながったのです。

改めてスタートする元気も時間もないという方は、僕のような不動産コンサルタントをお探し下さい。広島近郊で注文住宅をご検討されている方であれば是非、僕をお尋ねください。初回相談は無料です。お気軽にどうぞ!

ホームページはこちらです!

 

 

 

 


コメントを残す

プロフィール

名前 田中 法人
職業 広島の住宅購入サポート
通称 三笑塾 塾長
住まい 広島県
生年月日 1966年2月20日
PR 詳しくはこちら

お電話からのお問い合わせ

0120938898

営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日・第1、第3火曜日

メールでのお問い合わせ

お電話からの
お問い合わせの方

お電話からのお問い合わせの場合、電話がつながりにくい場合もあります。
その際は再度ご連絡いただくか、ご連絡先をお伝えください。 後からご連絡申し上げます。